admin / 2019年9月27日

ウォッチ カプセルコレクションの紹介


特に、それが特にWatchuseekメンバーと読者(特に我々がここで持っているものである)に専用される1つであるとき、我々全員は割引を愛しています。ボブの腕時計のチームのいくつかの熟考の後、我々は彼らのサイトで専用のwatchuseekカプセル収集の到着を発表して満足です。このページまたは我々の社会的なチャンネルのポストから、ページの土地のどんな買い物客のためにでも、専用の5 %の割引(ショッピングカートで申し込みました)で。
カプセルコレクション
歴史的に、カリフォルニアに拠点を置くオンライン腕時計Powerhouseは中古のロレックス腕時計のその重要な取引で知られています、しかし、このカプセル収集はブランドの品揃えから彼らのより少なく知られている提供に潜ります。あなたは、多くのケースで新しい状態で基本的にオファーにあるオリス腕時計の健全なサンプリングに、Todor遺産クロノグラフに、最新のオメガシーマスター300からここですべてを見つけるでしょう。我々は慎重にボブの在庫を介して行ってきた、と我々は個人的に興味深いと/または我々は読者が面白い自分自身を見つけるかもしれないと思いますが選択された部分を選択しました。次の月かそこら、私たちは時折新しい作品でコレクションを更新します。
週間が続くと、我々はコレクションから別の時計のシリーズを強調しているが、当分の間、ハイライトの一握りです。
オリスダイバー65
シックスファイブ
明らかにここで紹介を必要とする腕時計、それがVintagerスタイルのダイビング腕時計に来るとき、オリスダイバーSixty – 5は箱のトンを刻みます。この構成において、あなたはより大きな42 mmのケース、偽物の年齢を詰め込んだインデックスと手とリベットされたリンク・ブレスレットを見ています。割引後に1325.25ドルで売られて、部分は箱、書類、掛け金タグとすべてで完全な新しい状態としてあります。
ここでダイバー65セントをお買い物ください
チューダーヘリテージクロノグラフ
誰もが時計の世界を氾濫し続けるブラックベイの50の色合いの上に抱擁を維持しながら、チューダー遺産クロノはチューダーコレクションでその場所を維持します。確かに、それは同じ社内キャリバー(ブライトリングベースのMT 5813)を実行していませんが、それはまだ二次市場のエントリの合理的な価格で、ブランドから非常にシャープでよく実行された再発行です。この特定の黒いダイヤルされた例は、そのブレスレットの上に2、3のscuffsと傷を持ち、2750.25ドルで価格をつけられます。
Tudor遺産クロノ
オメガシーマ
2018オメガで再び古典的なシーマをオーバーホール、テーブルに大きな42 mmのケースだけでなく、その愛の波ダイヤルの大胆な新しい解釈をもたらす。これらの新しいモデルでは、ダイアルデザインは、その表面に刻まれた波形リッジレーザーでセラミックダイヤルプレートを使用して、より三次元美学を取った(あなたはダイヤルの中心にZR 02碑文に注意します)。以前に所有している古典的なボンド・シーマスター参照2531.80、増加したケースサイズは全く歓迎です。それは手首の上で全く快適なままでいて、特大であることなく、以前の変種より見てより多くの実体に腕時計を与えます。

admin / 2019年9月7日

2019秋冬トレンドバッグ

2019秋冬トレンドバッグ レディの秋支度はバッグから。今季、トレンドはクラシカルに回帰。

2019年秋冬、様々なブランドから勢ぞろいしたクラシックなムードをまとったワンハンドルのバッグをピックアップ。

秋のスターバッグは
クラシックなトップハンドル。

LOUIS VUITTON


20世紀初頭、旅するレディのためのバニティバッグとして生まれた「カンヌ」に
今季の新アイコン「モノグラム LV ポップ」をあしらったルイ・ヴィトンの新作。
メゾンの精神が息づいたデジタル時代のニュークラシックバッグ。

バッグ(H17×W15×D15cm)31万7,000円
/ ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス TEL:0120-00-1854)

BOTTEGA VENETA


ブランドのアイコニックなイントレチャートを新解釈。
パッドが入ったふかふかな愛らしいボディ、
それでいてミニマルで静寂な佇まい。
ミステリアスな存在感にうっとり。

バッグ(H28×W30×D7.5cm)52万6,000円
/ ボッテガ・ヴェネタ(ボッテガ・ヴェネタ ジャパン TEL:0120-60-1966)

GUCCI


1960年代から70年代のアーカイブをモダンに再解釈した「シルヴィ 1969」。
パテントレザーにゴールドトーンのメタルチェーン、
レディライクなムードに満ちたクラシックの真髄。

バッグ(H15×W20.5×D6cm)37万円
/ グッチ(グッチ ジャパン クライアントサービス TEL:0120-99-2177)

BALENCIAGA


シグネチャーのバスクウエストコートに描かれた「アワーグラス」のカーブを落とし込んだバッグ。
硬派な見た目のボックスシルエットに緩やかな曲線、
このアウトラインの存在感と、ハッとするブライトレッドで今季注目の的に。
ショルダーストラップでも持てる機能性も嬉しい。

バッグ(H14×W23×D10cm)17万7,000円
/ バレンシアガ(バレンシアガ ジャパン TEL:0570-000-601)

Chloé


コンパクトなボディに大胆な“C”が印象的なクロエのミニバッグ「Chloé C」。
クロコダイルの型押し、つややかな質感、オリーブカラー。
どこから見てもフェミニンなシックさがクロエらしい。

バッグ(H13×W16×D5cm)18万4,000円
/ クロエ(クロエ カスタマーリレーションズ TEL:03-4335-1750)

admin / 2019年8月19日

イギリス発「サラミラーロンドン」の腕時計が日本初上陸

イギリス発「サラミラーロンドン」の腕時計が日本初上陸、花や鳥を描いた色鮮やかな文字盤

イギリス・ロンドン発のライフスタイルブランド「サラミラーロンドン(SARA MILLER LONDON)」のウィメンズ腕時計が日本初上陸。渋谷ヒカリエおよび阪急うめだ本店などで順次展開される。

「サラミラーロンドン」は、“模様”と“色”をテーマにしたコレクションを展開するライフスタイルブランド。旅行や異文化からインスピレーションを得た動植物や民族衣装の柄を取り入れたデザインが人気だ。

今回、日本に初上陸する「サラミラーロンドン」のウィメンズ腕時計は5コレクション50型。コーディネートのアクセントになるカラーリングや、デザイナーのサラこだわりの動植物の模様を描いた豊富なモデルをラインナップする。

ブランドを代表するコレクション「チェルシーコレクション」は、ブランドを代表する鳥のデザインを取り入れた。木にたたずむ鳥をメインモチーフに、鮮やかな色で彩った文字盤が腕元に華を添える。

また、「ピオニーコレクション」は、文字盤にあしらわれた満開のピオニーが女性らしさを引き立てる。シンプルなケースとストラップで、どんなスタイルにも馴染んでくれそうだ。

【詳細】
サラミラーロンドン ウィメンズ腕時計
発売日:2019年7月17日(水)より順次
販売店舗:伊勢丹新宿本館、渋谷ヒカリエ、阪急うめだ本店
アイテム価格例:チェルシーコレクション グリーンバーズ ウォッチ 18,000円+税

admin / 2019年8月1日

ルイヴィトン 最新/限定☆スリムで便利なミニ財布

ルイヴィトン 最新/限定☆スリムで便利なミニ財布

【色】ブラック  

【素材】エンボス加工を施したレザー(皮革の種類:牛革) ライニング:レザー(皮革の種類:牛革)

【大きさ】たて 約7.5cm よこ 約13cm 幅 約0.4cm  

まち付きファスナー式コインケース
カード用ポケット x2

【付属品】お箱、ショップ袋、保存袋

商品コメント
【関税補償】最新/限定☆スリムで便利なミニ財布 (44328861)
●●●最新デザインのスリムで便利なミニ財布のご紹介です●●●

ルイヴィトン モノグラム・アンプラント レザーを使用した最新デザインのミニ財布です。
ファスナー開閉式アイテムの内装にはコインや紙幣、鍵が収納できます。
ポケットにも収まるサイズがうれしい。
カジュアルな装いだけでなくスーツにも合わせやすいデザインは働く男性の強い味方。

兵庫県のファッション情報

admin / 2019年7月4日

フロントロウ2019年春夏メンズコレクション

ビルケンシュトックの魅力は、セックスと健康の融合」リック・オウエンス interview

「今はグラムに傾いてるんです」。Birkenstockとのコラボ第2弾のローンチのさい、リック・オウエンスはこう明言した。「自分自身、文化や自然の衰退については苦々しく思ってるし、力ずくで楽天主義に傾かせてるって感じですね。元気出そうよ、って」

2019年春夏メンズコレクションでは、フロントロウに色付きスモークを垂れ流し、異世界を思わせる印象的なかたちのスポーツウェアを提示。同シーズンのウィメンズコレクションでは、サバイバルウェアに身を包んだパワフルな女性たちにトーチを持たせ、世界に火をつけた。私たちが暮らす世界の混沌とした社会政治への、怒りに満ちたクリエイティブな反抗を表現していたのが、近年のショーだった。

しかし世界が炎に包まれた今、カリフォルニア出身で現在はパリを拠点とする、永遠の独立系デザイナーたるリック・オウエンスの関心は、グラマーと心地よさに見いだせる楽観主義に向いている。最新の2019年秋冬コレクションでは、LaBelle、KISS、グレース・ジョーンズ、ディバインなどをはじめとする名だたるスターのアイコニックなルックを手がけたラリー・ルガスピのストーリーに渦巻く、グラムロックの欲望と悪徳を称えた。そしてリックは今回、抜群の履き心地を誇るBirkenstockのサンダルに、アーキテクチュラルな魅力を加えた。

Rick Owens’s glam Birkenstock sandals
Rick Owens x Birkenstock spring/summer 19. Image courtesy of Birkenstock
マーク・ジェイコブスが手がけ、最近復活を果たしたPerry Ellisの1993年グランジコレクションから、フィービー・ファイロ時代のCélineの2013年春夏コレクションで発表されたファー付きサンダルまで、ゲルリッツ製のBirkenstockサンダルは、これまで何度もファッション界で〈もてあそばれて〉きた。しかし、Rick Owensは違う。彼らにとってBirkenstockは、アーカイブアイテムの刷新も新スタイルの提案も叶える、まさに理想のクリエイティブパートナーなのだ。

「リック・オウエンスはもっとも時代性がある、最後の独立系デザイナーのひとりです」とBirkenstockのCEO、オリヴァー・ライヒェルトはリックを評する。「彼のデザインで、アイコニックなBirkenstockのスタイルが変容する。このふたつのブランドには、当初多くのひとが想定していたよりもたくさんの共通点があったんです」

Clara Deshayes wearing Rick Owens x Birkenstock
Clara Deshayes wearing Rick Owens x Birkenstock spring/summer 19. Photography Olivier Zahm
「ただ単にサンダルを装飾することには興味がない。スパンコールやスタッズをあしらうだけにはとどまりたくない」とリック。「今回私は、個性的なかたちにこだわりました。だからストラップを長くした。これを実現するのがどれだけ大変だったか、みんなには想像もつかないはず。Birkenstockが重要視するのは、何よりもまず安全性。それが彼らの価値観ですし、私はその点で彼らを尊敬しています。そもそもそれこそが、彼らといっしょに仕事がしたいと思ったきっかけですから」

彼が生み出す世界といえば、かたちを変える、抽象的な白昼夢。想像のなかの光の当たらない場所に潜むもの。しかし、リックのベースにはカリフォルニアのヒッピー文化があることを、彼自身が思い出させてくれる。「私たちがいっしょにやることには意味がある」とリック。「私も裸足で履くサンダルは大好きです。Birkenstockにはカウンターカルチャー的な要素もあれば、1960年代のノスタルジーも感じられる。最初は驚きのコラボだったかもしれないけど、わかるひとにはわかったんじゃないかな」

admin / 2019年6月20日

スリム ドゥ エルメス 2019年の新作としてチタンケースモデル

タイポグラフィへのこだわり「スリム ドゥ エルメス 」に追加されたチタンバージョン

「スリム ドゥ エルメス」に、2019年の新作としてチタンケースモデルがラインナップされた。「スリム ドゥ エルメス チタン」は、沈んだダークグレー色が特徴のチタンケースと、オレンジが映えるアントラシト色の文字盤、そしてエルメス・マニュファクチュール開発の超薄型ムーブメントが、ビビッドでありながら、控えめなたたずまいのこのモデルに知性を感じさせる。

 幅が広く視認性に優れたこの文字盤は、アラビア数字が配されたチャプターリングと、細いバトン針が時を刻む見事なスネイル仕上げの中心部、そしてフロステッドクリスタル製のスモールセコンドカウンターといった、3つの要素で構成されている。差し色として使われるオレンジは文字盤に華やぎを添え、マットなグラファイト色のレザーストラップにもよく調和している。

 クリエイティブ・ディレクターを務めるフィリップ・デロタルが2015年にデザインしたこのモデルは、精密さと調和、究極のシンプリシティを体現している。ラウンド型ケースの優美なカーブとストレートなラグ、すっきりとした文字盤とフランスを代表するデザイナー、フィリップ・アペロワによるオリジナルのタイポグラフィによってこれら要素は表現されるのだ。そして、シースルーのケースバックから見て取れるのはマイクロローターを採用し、ブリッジには“H”モチーフが散りばめられた、自社開発の薄型自動巻きムーブメント、Cal.H1950である。

スリム ドゥ エルメス チタン
エルメス「スリム ドゥ エルメス チタン」
自動巻き(Cal.H1950)。2万1600振動/時。パワーリザーブ約42時間。Tiケース(直径39.5mm)。3気圧防水。82万円(税別)。6月発売予定。

admin / 2019年5月30日

フランス・パリ腕時計ラプスをデザインした新作モデル

パリ発の腕時計ラプス、60~80年代のレトロなアートピースを採用した新作が登場

フランス・パリ発のウォッチブランド「ラプス(LAPS)」より、60年代から80年代のカルチャーをデザインした新作モデルが5月17日発売。

パリの職人により手作業で仕上げられる個性派且つ独創的なデザインで人気を博す同ブランド。特徴的なレクタングルのディティールと、ダイアルに用いられる独創的な素材とグラフィックを採用した、アーティスティックな時計が想像力を掻き立てる。

今回、レトロなアートピースをはめ込んだ最新作11モデルがラインアップ。60年代に世界中でブームを巻き起こしたヒッピーのサブカルチャーから生まれたサイケデリックなグラフィックを採用したモデル、Le Ventre Paris(パリの中心部)が映し出されている「Chatelet」を始めとする、80年代に使用されていたメトロマップを採用したモデル、また、パリの伝統的なクラブ「PALACE」よりインスパイアされたグリッターを配したデザインなどが登場。

「Chatelet」(1万6,800円)

この他、ヨーロッパ中で見かけるケバブ屋のファザードを鮮やかなネオンで表現したモデルや、ブランド初のホログラムを文字盤に採用した夏らしいデザインのモデルが登場。すべて限定数の生産で、一つひとつにシリアルナンバーが与えられる。販売は5月17日より、全国の取扱店舗及びオンラインストアにて。

admin / 2019年5月14日

ハットデザイナー・Michiko Uedaによるクール ファム

夏の装いを自分らしく演出する一点物のハット。神田明神のGallery Mで「エム×クール ファム」のイベント開催

ハットデザイナー・Michiko Uedaによるクール ファム(coeur femme)と、ミュベール(MUVEIL)デザイナー中山路子が手掛けるブランド、エム(M)のコラボイベントが、5月17日から19日まで神田明神のGallery Mにて開催される。

「刺繍付きキャノチエ」(3万8,000円)

本イベントでは、昨年の開催時に好評だった両デザイナーよる1点もののコラボレーションハットや、オリジナルハット、ウエアの販売が行われる。

「ベレー帽」(2万5,000円)

今期のテーマに縄文時代を掲げたエム。「Fusion with Sun」とタイトルがつけられた両デザイナーよる1点もののコラボレーションハットには、身近な道具に機能性だけでなく装飾性も兼ね備えた縄文時代に倣い、クルミプリントや、ポンポン、土偶模様の刺繍など、双方のコレクションの特徴を活かした独創的なディテールが施されており、初夏の日差しに溶け込むようなデザインに仕上げられている。

「タッセル付きストローハット」(3万円)

また、上記アイテムの他に、店舗を持たず各地のイベントのみで販売を行う、さじ洋菓子店のお菓子も販売が行われる。

夏の装いをグッと自分らしく格上げしてくれる、世界に一つだけの帽子。是非この機会にチェックしてみて!

admin / 2019年4月30日

ベルルッティ 両面カリグラフィーリバーシブルベルト32MM

ベルルッティ靴コピー Berluti 両面カリグラフィーリバーシブルベルト32MM

サイズの名称 幅
95 32.0cm
115 32.0cm
サイズ:95cm と115㎝はウエストサイズでベルト全長ではありません。
ウエストサイズが95㎝以下の方用
ウエストサイズが95㎝〜115㎝の方用の2サイズです。
ご自分でベルトをカットして長さ調節可能なベルトです。
ご注文時にお客様のウエストサイズをお知らせください。

1本でネログリジオ(ブラック系)とモガノ(ブラウン系)2色のカリグラフィー柄を楽しめるリバーシブルベルトです。
カットして長さ調節可能なベルト
ご注文時にウエストサイズをお知らせください。
素材:
ヴェネツィア スクリット レザー – パティーヌ可能
カーフレザーのライニング
お手入れ法:
ヴェネツィア・レザーのお手入れは、柔らかい布を使用して汚れを取り除き、ベルトに合った色のワックスを塗布します。続いて透明な革専用ワックスで栄養を与え、保革するために塗布します。ポリッシュグローブで細かく磨き上げて仕上げます。

admin / 2019年4月12日

ルイ・ヴィトン 2020年クルーズ・コレクションのショーを開催する。

ルイ・ヴィトンがニューヨークJFK空港の「TWAフライトセンター」で2020年クルーズショーを開催

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)が5月8日、ニューヨークのジョン・ F・ケネディ国際空港にある「TWAフライトセンター」を舞台に、2020年クルーズ・コレクションのショーを開催する。

モナコ、パームスプリングスのボブ&ドローレス・ホープ邸、ブラジルのニテロイ現代美術館(MAC)、日本のミホ・ミュージアム、そして昨年の南仏マルグリット・エメ・マーグ財団美術館での開催を経て、ルイ・ヴィトンのクルーズはニューヨークへと続く。

今回の会場となるTWAフライトセンターは、アメリカを代表するフィンランド生まれの建築家エーロ・サーリネン(Eero Saarinen)が設計した世界で最も美しいとされているターミナルの一つ。約1万9千平方メートルの翼を広げたようなモダンなデザインが象徴的だ。

ジェット時代の幕開け、1962年にオープンしたこの建築は、2001年の閉館から約20年を経て、現代にJFK空港内唯一のエアポートホテル「TWAホテル」として蘇る。現在は修復工事が行われており、5月15日に一般オープンが予定されている。

ルイ・ヴィトンのクルーズショーは、ホテルのオープンに先駆け、同所で初めてのイベントとして開催される。