この冬、「普段着にしたい」ベンチコート

admin / 2020年12月7日

「ベンチコート」って、シャカシャカした素材で、背中に大きめなロゴがどーんと入っていて、モコモコして暖かい……そんなイメージを抱く人が多いと思います。RUNのカテゴリーでも、マラソンや駅伝大会でゴールした選手を包むアレですね。

ところが、今シーズンアンダーアーマーから出ているそれは、ちょっと様子が違います。その名も『UAロングコート』。モンクレール ダウン コピー潔いほどシンプルな名が冠されたこのプロダクトは、アンダーアーマーの(多分多くの方が持っている)マッチョなイメージを軽やかに覆してくれます。

この記事はRUN特集の一部ですから、ランニングなどを含めて「運動中」を「オン」と定義します。つまり、ここで言う「オフ」は、スポーツ以外のあらゆるシーン、普段使いから通勤時といったシーンのこと。

アンダーアーマーって、どちらかと言うとゴリゴリのアスリートが「オン」で着用するアパレルのイメージが強かったんですが、このコートはその先入観を完全になくしてくれました。

スペック的には「本気」なベンチコートでありながら、このシュッとしたフォルムが新鮮。カジュアルなスタイルは言うに及ばず、これならスーツの上に羽織ってもサマになってくれそうです。

「シュッとしたフォルム」を生み出している一番のポイントは、このスワローテイルにカットされた裾部分。ベンチコートとしてはかなり珍しいデザインでしょう。

羽織ってみると、意外なほど柔らかくて軽い。裏起毛トリコットの肌触りも心地よいです。前述の通りスペック的にはアスリート仕様ですから、真冬に着た時の保温性は充分。裏地のセラミックプリントが蓄熱効果を高めてくれるそうです。撥水加工も効いているので多少の雨天ならレインコート替わりとしても機能します。

見た目はこんなにシュッとしていますが、実はゆったりと着られるルーズフィットなので、スーツを着た状態で袖を通しても肩周りの窮屈さは感じません。

「UAロングコート」は全4色での展開。モンクレール ダウン レディースブラックなんかは、ちょっとモッズコートを思わせる雰囲気を漂わせています。

もちろん、本来的な「オン」での使用、例えば寒い時期のマラソン大会なんかで体を冷やさないのにも重宝しますし、行き帰りのアウターとして併用すれば荷物も減らせる優れもの。

このフォルムとこのスペックで価格は24,840円(税込)。しかもアンダーアーマーというレア感。ダウンジャケット一辺倒になりがちなアウターのバリエーションとして一着持っておくのには、いい買い物と言えるのではないでしょうか。

FILED UNDER :

TAG : , ,

Submit a Comment

:*
:*